ヤクザ組織と興行

 山口組は1957~1968年頃までの10年間、神戸芸能社という興行会社を運営していました。ヤクザ組織の運営会社ですが、合法的な興行を打っていました。所属芸能人として大物歌手の美空ひばり等がいました。地方都市での歌謡コンサートの開催及びプロレス試合興行によるチケット収入により、神戸芸能社は売上を得ていました。日本のプロレス界創生期において大きな役割を果たしたプロレスラー力道山の試合の興行も神戸芸能社が担っていました。神戸芸能社が芸能界で勢いを増している時に、山口組のトップを務めていたのが三代目組長・田岡一雄です。山口組と興行の関わり合いの歴史は古いです。山口組において興行を始めたのは初代組長・山口春吉(組長在任期間1915~1925年)でした。当時の主要芸能であった浪曲や相撲の興行に携わりました。

 山口組の興行を拡大させたのが、春吉の実子である二代目組長・山口登です。まず山口組の興行を展開する部隊として山口組興行部を設立します。山口登は1932年上京、大物興行師の永田貞雄と親交を持ちます。東京の芸能界にパイプを作ったことで、興行を活性化させる有名演者を確保しやすくなったのは想像に難くありません。また山口登は1940年、当時の浪曲界のスターである広沢虎造が起こした出演トラブルの仲介を、吉本興業から依頼されます。吉本興業とは、現在TVのバラエティー番組に多くの有名芸人を供給している吉本興業株式会社のことです。山口登が「神戸興行界の顔役」だけでなく、「全国興行界において重要な位置」にいたことを物語る話です。仲介の為、東京の浅草にある広沢虎造関係者の事務所に山口登が向かう際、広沢虎造出演トラブルを巡り対立する組織・籠寅組(現在の後継組織は合田一家)の組員により襲撃されます。山口登は死には至りませんでしたが重傷を負いました。2年後の1942年、山口登は死去します。しかし戦前の二代目組長・山口登時代(1925~1942年)に培った興行のノウハウ、全国の興行会社と結んだネットワークは、三代目時代の神戸芸能社の活動を大いに助けることになります。
*今回記事を作成するにあたり『実話時代』2015年10月号、11月号「芸能・興行界の大立者 永田貞雄という男 こうして戦後の興行界は動き出した」(猪野健治著)、『山口組の100年 完全データBOOK』(2014年、メディアックス)、『山口組 分裂抗争の全内幕』(盛力健児+西岡研介+鈴木智彦+伊藤博敏+夏原武、2015年、宝島社)の情報を参考にさせて頂きました。

 戦前及び戦後しばらくまでの時期、山口組以外のヤクザ組織も興行を展開していました。籠寅組組員による山口登襲撃の事件が示すように、ヤクザ組織のトップを狙うほど、ヤクザ組織において重要なシノギ(事業)でした。表面上の興行は、芸能人を管理・派遣する芸能事務所、興行師、地方興行を取り仕切る地元の興行会社の3主体によって担われていました。興行の主催は、地元の興行会社単独の場合や、芸能事務所との共催の場合もありました。また芸能事務所とA興行会社が契約した後に、A興行会社が興行権をB興行会社に売り渡すこともありました。「興行権の卸し」をする興行会社もあったのです。ヤクザ組織は地元の興行会社を直接的もしくは間接的に経営していました。また芸能事務所を経営するヤクザ組織もありました。神戸芸能社が典型的な例です。ヤクザ組織の専門稼業である賭博と異なり、興行は専門の興行師という「ヤクザ組織の外部」に頼る必要がありました。有名芸能人への出演依頼、演目の構成、集客など、興行には多くのことが求められます。ヤクザ組織が関与する興行会社は、興行師の協力なくしては、成り立たないのです。

 もちろんヤクザ組織自身が興行において果たす役割もありました。会場時の有名芸能人の身辺保護、客の誘導・整理など、警備業務はヤクザ組織により担われていました。警備会社がまだなかった時代、暴力装置を持つヤクザ組織にとって、警備業務は親和性が高かったです。加えて、ヤクザ組織の「営業力」も興行において大きな役割を果たしていました。特に博徒系ヤクザ組織は、賭場に遊びに来る旦那衆(つまり社長などの地域の金持ち)とつながりを持っています。旦那衆は、興行のチケットを一定数買ってもらえる存在です。旦那衆との日常的なつながりを有するヤクザ組織は、チケットの捌き役としては適任なのです。また暴力装置を活用し、魅力に欠ける興行チケットを無理に旦那衆に買わせることもヤクザ組織はできます。負の要素も多分に含みながら、当時のヤクザ組織には「営業力」がありました。そして芸能界側もヤクザ組織を頼りにしました。

 1955~1965年における全国の主要興行グループを北から南に見ていきましょう。北海道の興行は、本間興業の独壇場でした。本間誠一をリーダーとする本間興業は旭川を拠点として、函館、小樽、札幌等に30数館の小屋を所有していました。本間興業は、興行会社としては珍しくヤクザ組織とつながりはありませんでした。しかし北海道で興行を図る興行師は、最初に本間興業に足を運ぶ必要がありました。東北では、自由芸能という興行会社が大きな存在感を持っていました。関東では、興行激戦区である為、巨大な興行会社が生まれませんでした。信越地区の興行においては、シバタの独壇場でした。興行会社でありながら、シバタサーカスというサーカス団を展開していました。本拠地の新潟県新発田、山形県、福島県、群馬県などに、80館以上の直営館を展開していました。名古屋地区は、鵜飼興業が有名でした。鵜飼興業もヤクザ組織とは無縁でしたが、愛知県、三重県、岐阜県における興行において、ヤクザ組織との調整役を果たしていました。京都府、和歌山県、奈良県、北陸地方では、関西芸能が地元ヤクザ組織との仲介役として、存在感を発揮していました。大阪府、兵庫県、四国地方、中国地方は神戸芸能社の独壇場でした。1960年代前半、山口組は全国各地に進出していきます。多数の抗争を伴いながら、山口組は各地のヤクザ組織を吸収していき、広域団体としての礎を築いた時期です。進出するきっかけとして、用いられた方法の1つが神戸芸能社の興行です。神戸芸能社の興行を巡り、地元興行会社側つまり地元ヤクザ組織と揉める原因を作り、抗争に至るというパターンが繰り返されました。山口組の武力侵攻と神戸芸能社の動きはつながっていたのです。

 また興行界の業界ルールとして、同じ地域において、新規興行会社は既存興行会社の興行内容に重複しないことが求められました。例えば、既存興行会社がプロレスを扱っている場合、新規興行会社はプロレス興行をせず、歌謡コンサート等を興行とする必要がありました。また既存興行会社が多方面の興行を扱っていた場合、新規興行会社は既存興行会社の「下請け」として活動することになります。しかし1964年から警察庁が開始した第1次頂上作戦により、ヤクザ組織が関与する興行は公共施設で開催されなくなりました。当時、現在のように多数の人々を収容できる民間施設の会場はなく、興行の主な会場は体育館や大講堂などの公共施設でした。警察庁により公共施設利用不可となった事態は、ヤクザ組織にとって興行の撤退を意味していました。神戸芸能社の場合、1968年頃には活動停止に陥りました。1970年代以降、表立ってヤクザ組織が興行に関与することは減りました。しかし水面下では、ヤクザ組織と興行の関わりは残り続けています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、鵜飼興行と言えば梅沢富美男氏が舞台公演をする際必ずここがチケットの販売をしています、あの人自身がそう言った関係者の様な雰囲気があるのでもしや・・・と思っていましたがやはりそう言う関係だったのですね。

Re: No title

コメントありがとうございます。

昔はどうだったかはともかく…。
近年においては、現在の鵜飼興業さんをはじめ多くのメジャーな興行会社さんは、その手の組織と相当距離を置いていると考えられます。特にチケット販売に関しては、もう手を借りていないと思われます。
警察当局のマーク及び制裁も厳しいでしょうし。世間の目もあるので。

No title

そう言えば何時からかその鵜飼興業のCMは流れなくなりました、
暴対法の影響があるのでしょうか・・・?こう言うのはやはり社会の暗渠となって残って行くのでしょうか。最近山口組と分裂して出て行った神戸山口組の報道が無いのが不気味です、嵐の前の静けさなのでしょうか・・・

Re: No title

コメントありがとうございます。

現在僕はテレビを持っていなくて、関東圏にいるので「鵜飼興業のCM」を見たことがないのです。しかしCM量が減ったことと暴対法及び暴排条例の関係はないと思われます。もし暴力団との関係がある為、TV局や代理店がCMを拒否しているということであれば、警察当局及び行政がそれを聞いて営業自体を許さないくらい締め付けてきます。それが現在の状勢です。

あと、仰る通り神戸山口組の報道がすっかり一般メディアでは消えていますよね。年明けの会津小鉄会の分裂騒動がなければ、もっとその手の報道量は少なくなっていたと思います。「嵐の前の静けさ」と表現されているように、もしかしたら、驚くべき展開が今後待ち構えていることも否定はできないでしょう。

しかし僕個人の見解では、いわゆる膠着状態に陥っているのだと思います。つまり両団体とも、効果的な次の一手が打てない状態です。相手組織の組員を殺害すれば、状況によっては、組織的犯罪処罰法により上部団体トップが逮捕されかねません。また喧嘩による傷害でも、該当の組員が逮捕され、減少傾向の組織人員がさらに減ることになります。つまり従来の抗争で用いられる手を繰り出せば繰り出す程、組織が脆弱になるという状況下になっています。

未知なる次の「手」を今両団体の幹部達は思案しているところだと思います。
長文失礼致しました。

No title

こんばんは、確か読売か産経、毎日だったかも知れませんが山口組六代目司組長が取材に答えていて「もう芸能の方から我々は恩恵を受ける事は無い」と言って居た記事を読みました、しかしながら未だに暴力団と関わりがある事が指摘される人は後を絶ちません、とある暴力団のパーティーの動画で祝いの花に某バンドのボーカルの名があり衝撃を受けた事がありました「えっ、あの人が・・・!?」と言う感じでした、他にも女性演歌歌手の名前もあり他の関連動画も見てみるとやはり関係を取り沙汰された歌手も出て来ました、私は詳しくありませんがこの歌手が来ると言うのは
まだ山口組が港湾で人を使って荷物の積み下ろしをする事を行って居た頃その人夫の慰労の為に歌手やそう言った人たちを呼んだのがそのまま残っているのでしょうか?

Re: No title

コメントありがとうございます。

産経新聞のインタビューですね。インタビューを締めくくる「いかなる逆風であろうとも、揺るぎない信念で、若い者を指導していくつもりだ」の言葉は、賛否や是非はともかく、渋かったですね~。

組の公式行事や組長の誕生日会(なかばパブリックなもの)には、現在はもう有名になった芸能人は出られないと思います。
2011年島田紳助引退騒動が示したように、反省の意を相当示さない芸能人に関しては、警察当局が芸能界引退まで追い込むことになっています。芸能人にとってはリスクが高くなっているの環境下です。

ただ今後も水面下では、裏社会と芸能界は何らかの関係性を持ち続けていくはずです。芸能界もブラックな要素がありますからね。今後、その辺りを注意深く見ていきたいと思っています。

No title

おはようございます、以前ニュースで九州の工藤会が事務の仕事をしている組員に色々と話を聞いていました、全国を支配下に置く山口組に対抗しているそうですがだからと言ってアルカイダの時の北部同盟ではありませんし、最近ではもう一般人に暴力団が手を出さないと言う事が無いのは宅見組組長狙撃で明らかになりました、前述の工藤会は反対する集団は元より個人でも標的にするそうでそこは海外の麻薬カルテルとの共通性が指摘されています、恩恵を受けているのは実は芸能人では無いのか、とも思います、島田紳助氏が棚橋氏と知り合ったのは番組で右翼団体と
トラブルになったのを元ボクサーの渡辺氏を通じて紹介されて氏が解決したそうです、確か吉本は住吉会がバックについていて窓口になっている人が中田カウス氏だと聞きまた、一般人も闇金等で暴力団と繋がってしまうので注意が必要だと思います。

Re: No title

コメントありがとうございます。

工藤会の一般人に対する攻撃については、明らかに他団体とは一線を画しています。
もちろんその手の組織である以上、一般人を食い物にして、時には最終的な手段もとっていますが。
秘密裏に行ってきました。

しかし工藤会の場合は、示威的といいますか、メッセージ性を残しつつ、一般人を攻撃したことに特徴がありました。
従来の日本のその手の組織の領域を超えた行為でした。
それはさすがに警察当局は看過できなかったと思います。

現在の芸能界が恩恵を受けているのは、トラブル処理。あと「遊び」面でしょうね。
いわゆるドラッグ、その手の女性の供給です。
急に金と名声を手に入れた芸能人は、遊びも派手になるものです。
芸能人と仲立ちするのは、半グレみたいな人でしょうが。
供給元の大元はその手の組織であり、結果関係を持ってしまうこともあるでしょう。

あと一般人も仰る通り、法律外の金融などで、その手の組織に絡めとられますよね。

No title

こんにちは、そう言えば暴力団は盃とか襲名式と言う儀式を行います、動画で見ましたがまあ厳粛な雰囲気と言った所ですが正座しているのかと思えば胡坐をしてる人もいたりしてさほど緊張感のある感じではなかった印象を受けました。詳しくは知りませんが
暴力団と言うのは何か思想的なバックボーンを持っているのでしょうか?襲名式を見ると掛け軸があり天照大御神と書かれてあり両隣には他の神様の名前が書いてあり、周りの壁一面には歴代の組長並びに幹部や傘下組織の関係者の賞状や推薦状が並んでいるさまは荘厳でさえあります、とある深夜番組の動画で元
暴力団で現在は暴力団専門のライターの方が仰るには組が公式に認めているグッズがありその中に稲川会の稲穂が描いてある
湯呑があってそこには稲川会の紋章である稲穂が描かれていました、ライターの方の説明では稲穂は左右でその稲穂の数が違っておりまたそれには意味があると言う事でした、また作家の野坂昭如氏がある組へ取材に行きそこの幹部へインタビューをして居た時氏が「ヤクザと言うのは誰でもなれる訳では無く一種の才能が無ければ成れないのですね」と言うとその幹部は「組織内で上に行こうとすればそれはもう並大抵の事ではない。」と言う事ですがこう言うと語弊がありますが神戸山口組の件を見ていると
ヤクザも時代に合わせて変えるべき所は変える必要がある、行って見ればモダンになる必要があるのだと思いました、

Re: No title

コメントありがとうございます。

ヤクザ組織の思想的バックボーンですが、一昔前であれば、博徒系組織であれば賭博業、そしてテキヤ組織であれば露店業という「本業」もあったため、その職人観みたないのが思想としてあったと考えられます。賭博業はアンダーグラウンドの領域とはいえ、両者とも客商売であった為、「カタギさんには迷惑をかけない」という考えは建前とはいえあったと思われます。しかし現在は「本業」は奪われて、多様な領域に顔を出して、暴力装置を前面に出す活動しかせざるをえなくなっています。思想的バッグボーンは存在しないと考えられます。一般人が表社会で給料アップの為に働くように、裏社会で親分に渡す封筒を厚くする為に活動しているのが実態でしょう。

稲川会のその話は知りませんでした。「左右でその稲穂の数が違う」となるほど、勉強になります。確かに今後は、もっと地下に潜っていくことが予想されますので、組織のありようも変わっていくのは必至ですよね。個人的なことでいえば、それでも何かしらの足跡を表社会には残していくはずなので。その足跡を丹念に見つけて、分析して、考えていきたいと思います。

No title

こんばんは、芸能人はどうして暴力団と繋がりを持ちたがるのでしょうか?今日俳優の渡瀬恒彦氏がお亡くなりになったと知りましたがその兄・渡哲也氏は昔稲川会に呼ばれて歌を歌い、組長から小
遣いだと言って3千万渡されましたが受け取らなかったためその後呼ばれなくなったとの事ですが、彼らと付き合う事のメリットと言うのはあるのでしょうか?

Re: No title

コメントありがとうございます。

色々とお詳しいですね~。日刊ゲンダイでかつて溝口敦さんが述べていたエピソードですね(他媒体でも述べてらっしゃるかもしれませんが)。たしか対比として北島三郎さんが批判されていましたね。ヤクザに甘いということで。

一昔前に限る話ですが。やはり付き合うメリットは、実用的にはこの前も書きましたが。トラブル処理でしょう。特に、女性問題や薬物問題の「後片付け」にはヤクザが適任です。また他のヤクザから絡まれた際の、「用心棒」つまりケツ持ちとして付き合っておくことはメリットがありました。また事務所サイドも、他事務所になめられないための「ケツ持ち」として重宝はしていたと思われます。

ヤクザとの付き合いに精神面のメリットを感じる芸能人もかつていました。代表例が島田紳助さんです。芸能界のトップにいたことなども彼の言動を増長させた要因ではありますが。巷間言われるように、島田紳助さんの暴力的な言動が鮮明化した背景には、大物ヤクザとの付き合いからくる慢心や驕りがあったことは想像に難くありません。

まあ、とってもみっともない話ですよね。島田紳助さん引退騒動前後から聞こえてきた彼の行いは、明らかに度が過ぎており、嫌悪感を抱きます。吉本興業も「暴力団排除」の名のもと、島田紳助さんを反省させたかったはずです。

とはいえ今後も、その手の芸能人は現れてくるんでしょうね。

No title

こんばんは、暴力団と関わりある芸能人や事務所と言うのはよく聞く所です、北島氏や松山氏、元スポーツ選手ではボクサーだった薬師寺氏や渡辺氏や清原氏は元より事務所はやはり大手はほぼ間違いなく、吉本興業やエイベックス、バーニング等は確実だと言う事ですが、そう言った所と関わりの無い事務所や芸能人はいるのでしょうか?萩本氏、通称欽ちゃんの所属する浅井企画、ウッチャンナンチャン、内海師匠の所属するマセキ芸能と言った所は私が知る限りそう言った話は聞きません、浅井企画は関根氏が事務所に入る時契約書を書く時に担当者から「うちは変な所じゃないから」と言われたと言う事ですが事務所サイドがなめられない様にとケツ持ち、用心棒として関係を持つと言う事ですが
テレビ関係の仕事と言うのはそんなに裏の世界と近しいのでしょうか?テレビ局のプロデューサー等上層部の人たちは暴力団と関わりがある人はいますがアナウンサーでは聞いた事がありません、これはやはりカタギ、一般人なので利権等利益が発生しないので関わり合いが無いと言う事でしょうか?

Re: No title

コメントありがとうございます。

深い洞察、勉強になります。
また知らない情報もあり、ありがとうございます。

芸能界については、井上公造さんみたいにさほど詳しくはなく。
僕の推測の域で今回も語りますが。

仰られる通り、全ての事務所がケツ持ちの組織を持っていたワケではないと思います。
特に、今は少なくなってきていると思います。

あとテレビ局ですが。僕は他の業種よりは、ヤクザ組織と接点は多いと考えます。
確かにアナウンサーは目立つ分、関係を持っいるとすぐばれてしまいます。
そして仰られる通り、「利権等利益が発生しない」という部分が芸能界よりもテレビ局の職員にはあります。
なのでヤクザ組織に付け込まれる余地は芸能界に比べて少ないでしょう。

しかしテレビ局の報道部の人間は、裏社会に詳しい事情通と接点をもつでしょう。その際、どうしてもヤクザ組織の関係者とまったくノータッチとはいかないはずでしょう。ただ今だと、フリーの人に投げていたりするんですかね。その辺り、情報がないので、詳しくは言えないですね。ただ『現代産業情報』の石原俊介さんが全盛の時は、今のTBS社長なんかも、結構石原さんを通じて、その手の人と接点があったと言われています。

あとテレビ局の人は、首都圏の主要局でもあれば、年収は1千万円を超えているので。夜の世界で派手に遊んでいれば、接点は持ってしまう率は高くなってくるでしょうし。社会的立場もあり、金も変に持っているテレビ局員だと、恐喝もしやすいでしょうし。


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

Author:黒田太郎
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR