正念場

 学校に行けば、やはりクラスメートからあせりが伝わってきます。正直、僕も辛いと言えば、辛いです。テスト期間が終わったところで、お金もないから、パーと飲み食いできる訳ではないですし…。あー駄目ですね。愚痴っぽくなってしまっては…。このブログは、笑いと元気、そして役に立つ情報を提供するのが役割ですから。

 まあ、ともかく寝て、体を万全にして、何事も臨みたいです。緊張の持続も大切にしたいです。ちょっとしたミスが、後で大きく響いてくることもあります。今は幸い、勉強だけに悩める環境にとりあえずいます。有難いことかもしれません。油断せずに、集中。夏休みに入る8月までには、前期は終了します。とりあえず苦しい期間は、あと1ヵ月。諦めずにやっていきますか。ここからが、正念場です。
スポンサーサイト

早く過ぎて欲しいけど…

 今日は授業中、ある先生が皆に向かって「もう7月ですね。皆さんはここまで残ったという訳ですから、これからも頑張っていきましょう」と言われました。入学してから、生活が一変したので、新鮮なことが多くて、まだ7月かという感覚があります。しかしこの学校生活は2年です。1年の前期があと一カ月で終わることを考えれば、4分の1が終わりつつあるということです。「早いな」とも今日、思ってしまいました。

 勉強に追われるのに加えて、将来の資格試験や就職のプレッシャー、また節約生活と厳しいことが多いので、「早く過ぎて欲しい」という想いがあります。一方で、この間で、築き上げた人間関係があります。それを考えると、妙にさみしくなってしまいます。特に、仲が良いという訳でもありません。しかし何か情が移ってしまったか…。この人間関係もいずれ終わるのかと思ったら…。悔いのないように、人と話していこうと思います。まだ話していない人もいますが、無理のない程度で、話していこうと思います。

 きれいで確かな形に残らなくても、楽しい思い出が心の隅っこにでも少し残ってくれるのなら、それで充分幸せです。自分も相変わらず、人見知りで、人前に立つと緊張してしまいます。僕が立ち返るのは、悪い役割を負っていくということ。日陰者の強みは、明るい日なたに行くことを捨てていることです。何だってできます。恐れずに、一日一日、人との関係を大切にしていきたいです。

テストが続く日々に突入

 専門学校の前期の授業科目が少しずつ終わっています。よってテストが続く日々が始まります。慌てない為にも、早め早めの行動をとっていますが、これからの1ヵ月本当に正念場です。ちなみに8月は夏休みです。ただお金がないので、どうしようか思案中です。親は「実家に長くいれば食費浮くよ」と言っていましたが、正直夏休みのほとんど実家にいて、ゆっくりしていたら、体も心もなまってしまいます。せめて1週間ぐらいですかね。あとは、バイトできたらしたいですね。お金がないので…。

 勉強の話に戻ると、反省させられることも多いです。自分はブログをやっているので、文章力に自信があると思っていました。しかし文章力が試される論述課題で、自分の文章力がまだまだ至らないことを思い知らされました。僕より簡潔で良い文章を書く人結構はいます。先生という文章を沢山見ている人が下す判断ですので、謙虚に受け止めて、今一度文章力を磨き上げていこうと思います。

 正直、学校にいけば、勉強以外のことで色々思って疲れることもあります。でも感情を上手くコントロールして乗り切っていきたいです。総力戦です。明日からもハードな日々ですが、諦めずにやっていきます。

ちゃんとしたコメントなら大歓迎です

 昨日以降、例の不気味なコメントは来ていません。内容はこの場で明かすことができないもので、非常に侮蔑的です。僕のブログサイトに、短時間でもその種の内容が載っていたことを考えると許せません。今後基本的にコメントは承認制にします。

・ブログ記事と関係のない内容のコメント
・人種差別や思想差別の内容のコメント
・罵詈雑言の内容のコメント
・特定個人を誹謗中傷する内容のコメント

以上のコメントは当然承認しません。それ以外は、全て承認し載せます。

昨日、これまでのコメントを全て削除しました。しかしそれらのコメントは僕にとって、非常に大事なものでした。それを失くしたのは非常に痛いです。

 コメント頂ければ、やはり嬉しいですし。励みになります。コメントも是非、してください。

過去のコメント、リンクを削除しました

 今日、大変不気味で不快なコメントがありました。念の為、過去のコメント及びリンク先を削除しました。色んなことを書いているので、こういう時がもしかしたら来るかもと思っていましたが、来てしましました。当分、コメントは承認制にします。変なコメントが続くようでしたら、コメントはしばらく受け付けないようにします。

お寿司

 回転寿司も含めて、久しく食べていないので、食べてみたくなりました。お寿司とは少し異なりますが、昔行っていた和食屋さんのマグロ丼の味も懐かしいです。たまには、かっぱ寿司(距離的に近い場所にある回転寿司)でも食べにいけたらよいですね。何かのご褒美にとっときますかね。ともかく今は勉強です。

居酒屋の価値

 日経平均は2万円前後に至り、株価の勢いが増す日本経済ですが、相変わらずサラリーマンの所得事情は厳しいのが実態です。真っ先に、サラリーマンの支出削減の候補に挙げられるのが飲食代です。固定費の昼食代はもちろん、同僚との夜の付き合いで行く居酒屋代も削られます。居酒屋に行くことを「無駄な支出」と見る考えがあります。確かに、お酒を飲むだけなら、家で飲めば酔うことができ、楽しめます。

 チェーン居酒屋における1回の飲食代は、1人だいだい3000~5000円程度の出費となります。確かにお小遣いが少ない人にとっては、高額な支出です。しかし居酒屋は存在し続けています。存在理由があるのです。居酒屋に人が行く理由として、「参加者の負担の平等性」があります。同僚の誰かの家で飲むとしたら、招く側の同僚のみが、一方的に負担を背負うことになります。招かれる側も、負担を掛けることに、申し訳ない気持ちになります。ところが居酒屋の場合、参加者全員が「招かれる側」になります。参加者全員が良い気分で、飲食できます。

 また「集団がお酒を長時間飲み騒ぐ空間」が社会に限られているという背景も大きいです。「酒酔い」を非日常行為として捉えて処置しているのが現代社会です。典型的な例として、イスラム圏における飲酒行為の禁止があります。日本でも、お花見という特別な時期を除けば、「集団がお酒を長時間飲み騒ぐ行為」が許される公的空間は少ないです。居酒屋は限りある「集団がお酒を長時間飲み騒ぐ空間」を提供しているからこそ、存在し続けることができているのです。居酒屋の価値とは、「非日常行為空間の提供」なのです。

親戚と会ってきました

 昨日は珍しく、父方のおばさんから電話があり、夕食の誘いを受けました。なので授業が終わった後、残らず、板橋のおばさん宅に行ってきました。約7年前、上京した時、しばらくおばさんの家にお世話になっていたことがあります。昨日は、沢山話をしました。おばさんとは話が合います。前の会社をやめ、医療領域の道にすすむため、専門学校に行っていることを伝えると、「アナタに合ってるわよ」と言ってくれました。お世辞の側面もあるのでしょうが、応援してくれる人がいるのは単純に嬉しいです。

 手の込んだ料理が作ってくれて、美味しかったです。1人じゃないと実感しました。期待を裏切らないよう、前向きに生きないと思った次第です。

AKB48の終わりの始まり

 先日、ジャニーズグループメンバーとの恋愛が報道された柏木由紀さん。18日のイベントに出た時に、そのことに対しては何もコメントをしませんでした。AKB48という文脈上、マズイ対応でした。スポンサーの関係上、柏木由紀さんもイベントに出ざるをえなかったのでしょうが、肝心のファンたちは納得いかないでしょうね。ファンよりもスポンサーを重視した態度は、あとで、禍根を残します。

 しかし個人的には、ファンの人達には、これで気づいてもらいたいです。AKB48に多額に金をつぎ込むことのバカバカしさを。恋愛禁止ルールの形骸化の実態が改めて確認されたことは、AKB48にとっては痛手となるでしょう。AKB48の終わりの始まりは近いかもしれません。

トヨタのAA型種類株

 自動車メーカー大手のトヨタ自動車の株主総会が6月16日に開催されました。今回の株主総会で話題の中心になったのが「AA型種類株」という新型株です。普通株とは異なり、特別の権利を与えられるのが種類株で、16日の株主総会でAA型種類株の発行が認められました。来月からまず5000万株が発行されます。種類株名になっているAAは、トヨタの戦前の量産車「AA型乗用車」から由来しています。
*今回記事を作成するにあたり、『週刊東洋経済』2015年6月20日号、『日刊ゲンダイ』2015年6月18日号(17日発行)の情報を参考にさせて頂きました。

 投資家には、AA型種類株の5年間の譲渡制限を科せられます。5年後、普通株に転換することができます。5年後「AA型種類株の発行価格」より「5年後の普通株の株価」が上回っていれば、投資家はAA型種類株を普通株に転換、売却し差益を手にできます。逆に、5年後「AA型種類株の発行価格」より「5年後の普通株の株価」が下回っていれば、普通株への転換は損になります。しかしトヨタは、投資家からAA型種類株を発行価格で買い取ることを保証しています。つまりAA型種類株を保有した投資家は、投じたお金が目減りするリスクを確実に避けることができるのです。通常、社債や国債の債権と異なり、株に元本保証はつきません。今回注目されているのは、本来ハイリスク・ハイリターンの投資である株に元本保証が付いている点です。また5年間の間、配当もあります。

 新株の発行は、全体の株数の増加になり、1株の希薄化を招きます。対応策として、トヨタはAA型種類株の発行と同数の自社株買いを行います。相殺される為、株式市場で流通するトヨタの株数は変わりません。逆に、市場に投入されるAA型種類株は5年間売買が凍結される為、トヨタの株は短期的に「少なく」なります。株価上昇の要因です。とはいえ、AA型種類株は普通株の1.2倍以上の価格で販売されます。5年後、トヨタの普通株が上昇した場合、現在時価(1倍)で購入した方が、差益は大きいです。株にも関わらず、5年間塩漬けという流動性の低さもデメリットです。あらゆる投資にはメリットがあれば、デメリットもあります。

知らなかった

 学校から帰る時間はクラスメートによって異なりますが、学校に行く時間が同じです。なので、最寄りの駅から降りて、学校に行くまでにクラスメートによく見掛けます。しかし、朝で快調とはいえない中、人見知りの激しい僕にとっては、大変な瞬間です。それで僕は歩くのが速いので、前に歩いているクラスメートを発見してしまったら、どうしても追いついてしまいます。相手も歩くのが速ければ良いのですが、どうもどうでもないようで。なので、追いついて、「おはようございます」と挨拶して、通りすぎるようにしています。並んで話して、一緒に通学すればよいのではというご意見もあるかもしれません。でも、それは僕にはとても難しいです。

 学校に着くまでのそれなりの時間、特に女性との場合、なんの話題をしていいか分かりません。また、並んで行こうとして、相手から「えっ。●●さんと、一緒に話して行くの?ヤダ。先行って下さい」という顔なんかで見られたら、たまったものじゃありません。傷つきたくありません。でもこの前、クラスメートの1人の女性が前に歩いていて、追いついて、いつものように軽く挨拶して、通りすぎようとしたら、返しの挨拶に加えて話しかけてきてくれました。緊張しながら、一緒に登校しました。おそらく大学を卒業されたばかりぐらいの方で年齢が離れていますけど、同じクラスメートなので、正直嬉しかったです。

 優しい人だったこともありますけど。もちろん恋愛うんぬんの話ではありませんけど。会話ができるのは、良いなと思いました。なかなか、休み時間話すまでの関係ではないので。切磋琢磨していければと思います。

 ただ気づいたことが一点。反省ですが、女性と歩く時、歩くスピードを調整しないといけないのだと思いました。「わあ。●●さんは足が長いから、歩くの速いですね」と言われてしまいました。でも何だか、少し、学校生活しているなーと、嬉しさも少し入った複雑な感情にしばらく浸ってしまいました。

 まあ、こんなことは、そんなにないでしょう。明日からも自分のペースを保って、諦めずにやっていきます。

僕の長所はマーケティング力だ

 社会人としてのスキルで僕が秀でているのは、マーケティング力です。とはいえ、場数が足りませんし、実際昨年度の転職期間では「僕の長所はマーケティング力です」とアピールしていましたが、内定頂いたのは結果1社だけでした。僕のこれまでのキャリアは、マーケティング力をアピールするには、物足りなさを示していたのでしょう。

 他人の評価はしっかり受け止めるものの、それでも自信があるのはマーケティング力です。これから進む医療系の仕事には、マーケティング力は直接用いません。でも間接的には、役立つはずです。ブログを書く際にも役立ちます。前の会社で培わしてもらったマーケティング力は大事にしていこうと思います。

 医療系の世界にやってきましたが、「僕が民間企業で働いてきた時、培ったのがマーケティング力です」と誇らしく言えるように、勉強で忙しくしても、時間がなくても、マーケティング力を一層培うべく、市場動向や市場をみて、考え、推測していきます。

柏木由紀さん

 先のAKB48総選挙で2位になった柏木由紀さん、ジャニーズの遊び人との交際歴発覚ですか。報じた週刊文春の写真が、全てを物語っており、柏木由紀さん言い訳できません。何らかの処分が下されるでしょうね。おそらく脱退させられると思います。相手がジャニーズだけに、ファンの怒りも増しているはず。

 撮られた写真は約1年半前のものとのこと。柏木由紀に票を投じた多くの柏木由紀ファンの為にも、総選挙前に報じてあげてればよかったのにと、週刊文春に言いたくなります。まあ、週刊文春なりの、AKB48への配慮なんでしょうね。

隠れた役割を負っていく

 学校生活では、ほんとうに色んなことがあります。考えさせられることも今日ありました。自分も頑張っていこうと思います。

 日陰に生きてきた人生です。それなら、学校の中で隠れた役割を負っていこうと思います。

 今さら嫌われようが、何思われようが、何も下がることがありません。人気者とは違う、日陰者の唯一の強みです。

 ひとつずつコツコツと、隠れた役割を負っていく。中途半端に人気が欲しいやモテたいと思ったら、いけません。

 明日からも諦めないで生きていきますか。

住吉会の会長逮捕

 広域ヤクザ組織団体・住吉会会長の関功が、公職選挙法違反の疑いで千葉県警に逮捕されたことが、6月7日明らかになりました。住吉会は日本最多の構成員を持つ山口組に次ぐ構成員数を抱えています。『実話時代』2014年5月号によれば、構成員は4200名、準構成員は5300人となっています。住吉会はヤクザ組織の1次団体で、加盟する2次団体の連合体の色合いが濃い組織形態をとっています。同じ1次団体の山口組や稲川会も、実質は2次団体の連合体です。しかし山口組や稲川会は、2次団体を「下部団体」とし、1次と2次団体の間に上下関係を作り上げています。つまり山口組と稲川会は加盟団体に対して「垂直的関係」を持つ1次団体です。一方、住吉会は加盟団体に対して、「水平的関係」を持つ1次団体です。組織の水平性は、3人のトップの存在によって表されています。会長の関功、前会長の福田晴瞭、元会長の西口茂男の3人です。2014年4月まで会長を務めていた福田晴瞭は現在も住吉一家七代目総長という重要職に就いています。元会長の西口茂男も組織内で影響力を持っているとされています。住吉会は三頭体制と言えます。

 今回、会長の関功は4月12日投開票の千葉県議選において、3月上旬いすみ市の飲食店で有権者らを接待し、県議選いすみ市選挙区に立候補予定の男性への投票や票の取りまとめを依頼した疑いで、逮捕されました。関功の出身母体は、住吉会の2次団体・共和です。共和は、千葉県北部中央に位置する富里市を拠点にしています。一方、事件の発端となっていすみ市は、太平洋に面する房総半島南部にあります。同じ県内でも離れた距離にあります。しかし1次団体の会長を輩出するヤクザ組織ゆえに、共和が千葉県一帯に影響力を及ぼしていると想像するのは難くありません。今回の事件から、ヤクザ組織による県政への浸食が浮かび上がってきます。ヤクザ組織が県政に食い込む大きな理由は、公共事業です。千葉県の公共事業の歴史が、ヤクザ組織とのつながりの濃さを物語っています。「ハマコー」の愛称で親しまれ、千葉県選出の浜田幸一元衆議院議員は、長年千葉県内の公共事業に大きな影響力を持っていました。浜田幸一は稲川会系の元組員であったことは周知の事実です。公共事業においてヤクザ組織は深く関わってきます。ヤクザ組織との太いパイプが政治家・浜田幸一の力の源泉でした。

 会員制情報誌『選択』2015年4月号の第48回「土着権力の研究」によれば、近年千葉県の公共事業の重要人物だった元県土木部長を取り上げています。その元県土木部長が近年千葉県の公共事業を取り仕切る人物であったことを伝えています。記事で書かれていますが、その元県土木部長は今年3月、トラックにひかれ死亡しています。トラックの運転手が逮捕され、謀略の疑いは消えています。重要人物が不在となって、千葉の公共事業利権を巡り、争いが激しさを増していることは予想できます。混乱しているゆえに、千葉県警が県の公共事業の暗部に踏み込む絶好の機会でもあります。昨年秋以降、北九州市の工藤会壊滅に成功を収めつつある福岡県警の存在は千葉県警にとって刺激になっているはずです。住吉会会長逮捕を突破口に、千葉県警は大きな事件の摘発を目論んでいるのかもしれません。

ヤクザ組織と土建業の関係

 ヤクザ組織と濃い関係を持つ業界の1つとして土建業があります。加えて、夜間の飲食業や風俗業もヤクザ組織と太いパイプを形成しているのは周知の事実です。夜間の飲食業や風俗業は、不当な高額料金の請求や売春営業など、「違法領域による収益」という誘惑を抱えています。摘発の危険は伴うものの、違法領域から得られる果実は大きいです。けれども違法領域ゆえに、客とのトラブル処理や他店との利害調整を、公的機関に頼むわけにはいきません。登場するのがヤクザ組織です。日本の裏社会で最も強力な暴力装置を持つ為に、裏社会における「利害調停者」に座り続けています。夜間の飲食業や風俗業がヤクザ組織に支払うミカジメ料は、「裏社会の利害調整手数料」です。翻って、土建業は違法領域から遠く、ヤクザ組織との接点は少ない印象を持ってしまいます。

 しかし土建業もヤクザ組織に金を払ってきました。工事は騒音が伴い、人・物の出入りが激しくなります。近隣住民に迷惑を必然的に掛けます。工事関係者に文句を言う厄介者も出てきます。工事を円滑化させる為、事業者は地元のヤクザ組織に「迷惑料」(「さばき料」とも言う)の支払いを行ってきました。料金は工費の1~3%です。大規模な工事になればなるほど、ヤクザ組織側の実入りは大きくなります。事業者側にとっては、ヤクザ組織が厄介者を押さえてくれるのに加えて、他のヤクザ組織の介入を阻止できます。しかし大規模な工事になれば、地元のヤクザ組織以外にも、多くのヤクザ組織が「迷惑料」欲しさに言い寄ってきます。当然事業者は二度払いを避けたいです。結果、知名度が高く強いヤクザ組織に、「迷惑料」の支払いは集まります。
*今回記事を作成するにあたり、『現代ヤクザ大事典』(実話時代編集部編、2007年、洋泉社)、『ヤクザ大辞典』(山平重樹監修、週刊大衆編集部編、2002年、双葉文庫)、『山口組の100年 完全データBOOK』(2014年、メディアックス)、『山口組永続進化論』(猪野健治、2008年、だいわ文庫)、『週刊現代』2014年10月4日、10月11日、10月18日、10月25日、11月1日号「ヤクザと企業舎弟」(森功)の情報を参考にさせて頂きました。

 ヤクザ組織と土建業との関係は古い歴史を持っています。大正時代、正業を行うことを命じられた博徒組織が土建業を始め出します。「~組」が付く組織名は、過去の土建業の営みに、由来している可能性が高いです。山口組は設立当初、土建業ではないですが、港湾荷役業を主な稼業としていました。現在は、警察の厳しい取締りにより不可能ですが、昭和時代までヤクザ組織の人間が土建業を経営する場合もありました。両者の関係を強く結び付けている要素が、ヤクザ組織による土建労働供給・管理力です。土建業は人海戦術の色合いが濃い業務です。一方、受注産業であり、繁閑の差が激しいです。労働力を柔軟に調達したい意向が土建会社にあります。戦後まで、短期間で働く土建労働者を募り供給する役割を果たしていたのがヤクザ組織もしくはその関係者でした。ヤクザ組織が土建労働供給を独占できたのは、後ろの管理業務に優れていたからです。労働者の保護意識が低く、機械化が未発達の時代、土建業務は過酷でした。土建会社側にとって、土建労働者が手を抜かないように、見張る必要がありました。また工事の間、土建労働者を住まわせる「人足部屋」からの脱出を阻止する必要もありました。業務の性格上、土建労働者の中には、気性の荒い者もいます。管理業務を遂行できる存在が、暴力装置を備えたヤクザ組織でした。管理業務の強みがあったので、前段階の労働供給を独占できたのです。ヤクザ組織の介在により、土建労働者の賃金は差し引かれました。加えて、ヤクザ組織は人足部屋で博打を行い、労働者の金を吸い取っていました。戦後の職業安定法により労働者供給事業は原則禁止されます。しかしその後も水面下では、ヤクザ組織主導による土建現場への労働供給が連綿と続きました。土建労働供給・管理力を培ってきた歴史がヤクザ組織にあります。

 土建労働者や候補者の若者が、地元の先輩・後輩関係の延長線上で、ヤクザ組織側の者と人間関係を構築している側面もあります。堅気だがアウトロー気質を持つ若者が、ヤクザ組織に属する先輩に誘われて、土建業の仕事をする場合もあるでしょう。ヤクザ組織の者が土建業に流入する場合もあります。ヤクザ稼業から足を洗った者は、土建業につながりがあれば、そこで仕事を求めていきます。人の行き来により、両者の関係は濃くなります。ピラミッド型の仕組みで、仕事が流れていくのが土建業界です。大手ゼネコンが請けた仕事が、下請けに流れ、さらに孫請けに流れていきます。土建労働供給・管理面でヤクザ組織が関与するのは孫請けの段階です。実質の工事主体である孫請けの土建労働供給・管理をヤクザ組織が握っているのです。言い換えれば、ヤクザ組織の裁量次第で、工事進捗は左右されます。大手ゼネコンも含めて土建業界がヤクザ組織を恐れ、金を出していた根本の理由は、急所を握られていたからでした。もっとも現在は厳しい取り締まりにより、ヤクザ組織が土建業界に及ぼす影響力は低下しています。

 土建業との濃い関係から派生して生まれたヤクザビジネスが、違法の産業廃棄物処理です。合法の産業廃棄物処理事業者は存在しますが、費用が高いです。土建業に産業廃棄物は付き物です。しかし土建会社にとって、利益活動につながらない産業廃棄物処理は安く済ましたいのが本音です。需要を察知したヤクザ組織は、処理費用の安さを武器に、産業廃棄物処理事業に入り込んできました。合法の産業廃棄物処理事業者が施設で処理するのに対して、ヤクザ組織側は人気のない山や谷に投棄するという「違法処理」を行いました。不法処理が安さの源です。当然、自然への悪影響は必至です。

幹事をつとめてきました

 今日は、放課後、クラスメートの男4人で焼肉に行ってきました。食べ放題の焼肉で、幹事と焼き役をやりました。立場上、僕がやることになったのですが、まあそこそこ上手くこなせたのではと思います。焼き役は、年下の男の子(ありがとう)とやったのですが、無難に焼きを展開できたと思います。注文は、量を考えて、頼むことができました。間を空けずに肉を焼けました。これは自分でも褒めてやりたいと思います。網の交換も上手く行きました。会計も、クーポンを出し忘れそうになったの以外は、スムーズにいけました。

 これまで、飲み会の幹事を積極的にやったことがなかったので、緊張しました。無事に終わってホッとしました。こういった事も経験の積み重ねですからね。いい経験でした。これからも積極的に、やっていきたいです。

お昼ご飯どうしようか

 このまえ、テストでしたが、大きな点数が設定されている問題が1つできませんでした。「出ないだろうなー」と見直していなかったら、出てしまったという…。他にも、小さなミスがありました。なかなか上手くいきません。しっかり反省して次に備えたいです。

 授業が終わって、1時間半ほど残って自習するようにしていますが、集中できるので効果が良いです。18時前に帰ることになります。ちょうど、家で夕食が食べられるので、良い具合です。それ以上、残ると、お腹が空いてしまうので、非効率になってしまいます。1時間半なら、継続していけそうなので、頑張っていきます。明日も小テストがあります。油断せずに頑張っていきたいです。

 あと、お昼ご飯。やはり弁当も何日か取り入れた方が良いかなーと思っています。お金も浮きますし。ただ、面倒ですよね。今でも、それなりに家事に追われていますし。うーん悩み中です。

相次ぐテキヤ組織トップの逮捕は、祭り取り締まり強化の一環か

 日本最大のテキヤ組織・極東会の会長(トップ)の松山真一が6月2日、詐欺容疑で警視庁に逮捕されました。公安委員会により、極東会は指定暴力団の扱いを受けています。先月の5月28日には、テキヤ組織を源流とする山口組2次団体・雄成会会長(トップ)の高橋久夫が詐欺容疑で京都府警に逮捕されています。雄成会は、京都の伝統的なテキヤ組織・地蔵組を母体としています。2009年に名称を現在の雄成会に改めています。地蔵組は昭和の時代から山口組の傘下に入っています。雄成会会長逮捕の関連で、6月3日、兵庫県神戸市の山口組総本部に家宅捜査が入りました。今、テキヤ界に激震が走っています。
*今回記事を作成するにあたり、『実話時代』2015年3月号の情報を参考にさせて頂きました。

 これからの季節、花火大会や夏祭りが多くなります。露店のお店が沢山出店します。テキヤ界に強い影響力を及ぼすヤクザ組織側への「警告」の意味合いを、一連の警察当局の動きから見て取れます。警察当局の狙いとしては、祭りの場から、ヤクザ組織の本格的な排除があるはずです。テキヤ界の重要人物2人の逮捕は、警察当局によるテキヤ界への強い取り締まりの一環に過ぎないのかもしれません。今年の夏の祭りに何か変化があるかもしれないです。

金や人脈に乏しければ、頭を使う

 株式投資において、資金の多さや有益な情報を与えてくれる人脈は有利に働きます。とはいえ、多くの人々はお金も人脈に乏しいのが実態です。しかし、頭を使うことはできます。現在低い株価に位置しているものの、将来上ることが予想される株式に投資します。予想通り投資した株式の価格が上がれば、儲けを手にできるのが株式投資です。投資材料となる業績や業界環境、経済情勢などの情報は、ギャンブルに比べれば、確定的要素が多いです。日々の勉強が活きやすいです。頭を使うことは、平等性の高い行為です。誰にでも行えます。
 
 『日刊ゲンダイ』2015年6月2日号(1日発行)の「今週の爆騰株」というコーナーで、カリスマ個人投資家の新田ヒカル氏が沖縄流通最大手のサンエーを推しています。サンエーは、沖縄県内でスーパーから大型ショッピングモールまでの幅広い小売業を展開している企業です。2006年に東証一部に上場しています。新田氏がサンエーを推すに至った理由は、興味深いです。まず新田氏は、大阪のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」が9月に再上場することを着目します。次に、「ハリー・ポッター」のアトラクション施設で順調なUSJが再上場する目的を考えます。上場とは、株式を市場で売り出すことです。上場する側にとって、資金調達を意味しています。

 次に、再上場によってUSJが得る資金の使い道について考えていきます。USJは以前沖縄にテーマパーク建設を検討していました。USJが再度沖縄にテーマパークを建設すると、新田氏は予想します。USJができることで、沖縄に観光客が増え、沖縄の小売業に好影響を与えます。つまり「USJ再上場→USJの資金の使い道→沖縄県にUSJができる→沖縄の観光客増加→サンエーの売上増加→サンエーの株価上昇」の流れです。新田氏は記事の最後で「投資は連想ゲームだ。知識と想像力を組み合わせて、USJの再上場を起点に、沖縄の小売業まで連想できるかどうかだ。」と述べている。

 USJとサンエーの2社を結ぶ線は、簡単には、見えてきません。しかし、じっくり考えれば、線を結ぶことができます。考え方に希少性があれば、他人が参加していない分、儲けは多くなります。株式投資に限らず、じっくり考えることは、お金や人脈がない人の武器になるはずです。

クラスメートと食事に行ってきた

 明日の1限は、重要科目のテストです。位置づけが高い科目なので、記述式が多く、さっきまで勉強していました。クラスメートや隣のクラスの人達も、今日は何だか、落ち着かない感じでした。でも今回は計画的に、勉強量を確保してきました。後は、油断せずに、一生懸命やるのみです。

 学校生活に慣れてきて、勉強時間を確保できるようになってきています。「前倒し、前倒し」の意識で課題をやれているのも大きいです。しかし、ここから復習が足りていない、一般科目のテストが続いてきます。今以上に、引き締めて、勉強時間を増やしていかなければと思います。

 そういえば、この前。クラスメートのある男性と、学校の帰りに、夕ご飯とお茶を共にしてきました。クラスメートと学外で、食事するのは初めてでした。クラスメートが行きつけの所に連れていってくれました。独特な天丼でした。美味しかったです。喫茶店では、色々話せてよかったです。仲が深まりました。また、今度は、複数人で食事に行くことにもなりました。もちろん全員男性ですが。でも全員男性の方が何かと気楽です。

 ともかく明日頑張ります。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

Author:黒田太郎
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR