楽天社員の覚せい剤密輸事件

 ネット通販大手楽天の30代社員男性が覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)容疑で警視庁に逮捕されたことが明らかになりました(*1)。逮捕された社員は2008年から台湾に頻繁に渡航しており、捕まった場面も台湾から羽田空港に帰国した際行われた荷物チェックにおいてでした(*1)。また社員の自宅を捜索したところ、ガラスパイプ20本や小袋約100枚が押収されました(*1)。件の社員が覚せい剤を使用と販売していたことが濃厚です。

 楽天社員という表社会に生きる人物が、裏社会の主流派ビジネスである覚せい剤ビジネスに手を染めていたことに、まず驚きが起きます。ヤクザ組織の「使い走り」として役割を果たしていた可能性も否定はできません。しかし件の社員の仕入れ先が台湾であったことから、件の社員の個人ビジネスとして覚せい剤を扱っていた可能性が高いです。

 日本国内における覚せい剤の流通経路は「ヤクザ組織間のつながり」を基にして構築されてきました(*2)。全国各地に存在するヤクザ組織によって形成された販売網は、独占的であり、ヤクザ組織の懐を潤わせてきました(*2)。日本国内で活動する覚せい剤の売人は「仕入れ先」がヤクザ組織関連である以上、ヤクザ組織の「許可」を前提に売買することが求められます。ヤクザ組織の意向を無視した売買には、暴力的な制裁が待っています。一般人が副業として、簡単に始められるものではありません。

 しかし台湾などの外国の覚せい剤市場においては、ヤクザ組織の関与は低くなります。一般人でも、台湾から直接仕入れることができれば、ヤクザ組織との関わりを避けることができます。当然台湾の裏社会組織との関係はできますが、普段活動する日本にまで台湾の裏社会組織が絡んでくることは、支払いを怠るなどしない限り、ないと考えられます。件の社員は、莫大な利ザヤを見込める覚せい剤ビジネスを始めるにあたって、ヤクザ組織との関わりを避けることも考えて、台湾からの直接仕入れを実行したのだと考えられます。台湾への頻繁な渡航はお金がかかりますが、覚せい剤の密売で充分にもとはとれているはずです。

 今後の焦点は販売先です。件の社員の覚せい剤の販売先が、ヤクザ組織関連の売人と被っていたら、ヤクザ組織にビジネスの存在が発覚して制裁が与えられたはずです。2008年から台湾に頻繁に行っていたことから、件の社員の覚せい剤ビジネス歴は10年近いと推定されます。件の社員は、ヤクザ組織ルートとは異なる販売網を有していた可能性が考えられます。一体どういう客層がいたのか…。捜査の進展が待たれます。また個人ビジネスであった場合、弱点もあります。件の社員が一般人である以上、違法領域ビジネスにおいて必須の暴力装置を持たないことです。暴力装置を持たない売人の場合、客側から足元を見られやすいです。今回逮捕に至った経緯も、結局その辺りにあるかもしれません。

<引用・参考文献>
*1 朝日新聞サイト「台湾から覚醒剤を持ち込んだ疑い、楽天社員を逮捕」2017年2月21日19時14分配信
*2 『薬物とセックス』(溝口敦、2016年、新潮新書), p130
スポンサーサイト

違法薬物と規制する法律

 違法薬物の種類は多岐に渡りますが、規制する法律も単一ではなく複数あります。日本では「麻薬及び向精神薬取締法」「覚せい剤取締法」「大麻取締法」「あへん法」「医療品医療機器法」「毒物及び劇物取締法」の法律の下に、違法薬物が規制されています(*1)。各法律が対象としているのは以下の薬物です(*1)。

・「麻薬及び向精神薬取締法」
【麻薬】モルヒネ、ヘロイン、コカイン等
【合成麻薬】MDMA、LSD等
【麻薬原料植物】コカ、マジックマッシュルーム等
【向精神薬】メチルフェニデート(リタリン)、睡眠薬等
*メチルフェニデート(リタリン)、睡眠薬は「不適正使用」に限り規制

・「覚せい剤取締法」
【覚せい剤】アンフェタミン、メタンフェタミン
【覚せい剤原料】エフェドリン、フェニル酢酸等

・「大麻取締法」
→大麻草、大麻製品(大麻樹脂を含む)

・「あへん法」
→けし、あへん

・「医療品医療機器法」
【指定薬物】亜硝酸イソブチル等

・「毒物及び劇物取締法」
→トルエン、シンナー等

 あへん、モルヒネ、ヘロインの原料は、3つとも植物のケシを由来としています。しかし、あへんは「あへん法」、モルヒネとヘロインは「麻薬及び向精神薬取締法」によって規制されています。同じ原料であったとしても、規制する法律が同じという訳ではありません。

<引用・参考文献>
*1 『薬物乱用の現状と対策』(厚生労働省 医薬・生活衛生局 監視指導・麻薬対策課、2015年11月), p1~2

日本の麻薬市場におけるコカインのポジション

 先週発売された週刊誌『FRIDAY』が俳優・成宮寛貴のコカイン使用疑惑を報道しました。アメリカの映画では、コカインを鼻から吸引するシーンがよく見られます。退廃的な印象を与えるのに「コカイン使用」は映画において「格好の絵」となっています。しかしアメリカと異なり、日本ではコカインの存在は薄いです。

 理由としては、日本で最も主要な麻薬である覚せい剤と競合していることがあります。麻薬の効能には2つの種類があります。アッパー系とダウナー系です。アッパー系はいわゆるハイになります。「イヤッホー」みたいな感じです。ジャーナリスト鈴木智彦氏によれば、武勇伝を残したヤクザの中には、覚せい剤使用過多になったいわゆる“ポン中”が多かったと伝えています (*1)。覚せい剤の薬効により気分が高揚し、対立組織との暴力沙汰において、戦闘性が高まるという「覚せい剤の隠れた実利」がヤクザ社会においてはあるのです。コカインもアッパー系に属します。アッパー系麻薬にセットとなるのがSEXです。アメリカ映画ではコカインでキメてSEXのシーンが確かに多く見かけます。一方、ダウナー系は気分を落ち着かせる効能があります。「へぇ~い。ぴ~す」みたいな感じです。大麻やアヘン、ヘロインが該当します。

 しかし日本のアッパー系麻薬市場において、覚せい剤とコカインの需要には大きな差があります。商品特性上、厳密な流通量を測ることができません。しかし警察当局による押収量から、流通量を概ね確認することができます。警察庁によれば、2015年覚せい剤の押収量は429.8kg、一方コカインは18.5kgです(*2)。検挙人数も見ると、2015年覚せい剤の検挙人数は11,022人、一方コカインは230人です(*2)。ちなみに2011年においては、覚せい剤の押収量は338.8kg、一方コカインは28.7kgです(*2)。2011年覚せい剤の検挙人数は11,852人、一方コカインは177人です(*2)。圧倒的に覚せい剤の方が日本において流通していることが分かります。

 アッパー系麻薬における覚せい剤の利点として、効き目の長さが挙げられます(*3)。薬理的に脳に働く時間がコカインは覚せい剤より短く、摂取回数を繰り返す必要があります(*3)。一方覚せい剤は一回使用する0.02~0.03gの作用時間は約2時間、長い人で4時間と言われています(*4)。SEXを中断する必要はない訳です。

 またコカインはコカノキという植物由来の麻薬です。南米が主に産地です。人工的に製造できる覚せい剤と異なり、コカインを仕入れる為には、南米にルートを持つ必要があります。距離的にも日本から遠いこともあり、コカインの大きな密輸経路(南米→日本)が構築されていないと考えられます。

<引用・参考文献>
*1 『ヤクザ1000人に会いました!』(鈴木智彦、2012年、宝島SUGOI文庫), p93~95
*2 警察庁「平成27年における薬物・銃器情勢 確定値」(平成28年3月),p2-3
*3 『日刊ゲンダイ』2016年7月5日号(4日発行)「溝口敦の斬り込み時評<263>」
*4 『日刊ゲンダイ』2016年2月23日号(22日発行)「サラリーマンも溺れる覚醒剤①」, p15

覚せい剤ビジネス

 6月24日、俳優の高知東生が覚醒剤取締法と大麻取締法違反の疑いで逮捕され、芸能界の薬物問題が活気づいています。逮捕された場所は横浜市南区のラブホテルで、元レースクイーンの女性(33)と一緒にいました。女性も同じ容疑で逮捕されました。2人は覚せい剤によるセックスに勤しんでいた訳です。覚せい剤の主な用途に、性行為の快楽を促進させることがあります。とはいえ覚せい剤には、催淫性はなく、文字通り興奮性が主な作用です(*1)。男性は射精に至るまでの時間が長引き、興奮性によりピストン運動を何回も行うことができます(*2)。覚せい剤には、勃起する能力を助ける作用はないのです。一方、女性は皮膚感覚が過敏になり、通常時より増幅された快感を得ることができます(*3)。

 覚せい剤の1回使用量は、0.02~0.03gです(*4)。使用者と売人の売買において、「パケ」と呼ばれる小さな包みがやり取りされます。1パケの量は0.25g だったり(*5)、0.2gだったり (*6)、0.3g(*7)というような量の辺りになっています。つまり1パケ購入すると、「10回分」使用できるようになっています。1パケの価格は約1万円です(*8)。覚せい剤の販売においても、「10回分」「1万円」という販売形態に工夫をしていることが窺えます。しかし覚せい剤は使用するにつれ、耐性がつき、薬効が低下します(*9)。よって使用者は、1回時の使用量や使用回数の増加で、薬効を維持させていくことになります(*10)。自ずと覚せい剤の購入が増えます。覚せい剤ビジネスが流行る背景には、使用者を「中毒者」にさせる覚せい剤の力があるのです。

 また売人は医療用注射器も販売します。覚せい剤を体内に取り込むのに、注射器を使うからです。1回1本使う為、使用者は大量の注射器を必要とします。一般人が表社会で「大量の医療用注射器」を購入することは不可能に近い為、注射器も裏社会の売人に調達してもらうことになります。医療現場で販売されるより、当然高く買わされることになります。1箱280本4万円で販売するケース(*11)や1本1000~2000円で販売するケースがあります(*12)。前者の場合、1本143円となります。他方、覚せい剤を火であぶり、気化させて吸引する方法もあります(*13)。注射痕が残りません。「アブリ」と呼ばれています。

 以上述べてきましたが、言われているように使用者には悲劇しか待っていません。肉体、精神がボロボロになるのは当然、2次的被害も甚大です。仕事の人間関係及び友人関係は消滅、そして家族関係も消滅しかねません。覚せい剤は巧妙に近寄ってきます。「覚せい剤」とは名乗らずに、使用を勧められることもあるでしょう。「危なくない薬のアブリだよ」と勧められても、アブリすること自体がまず危険な事態につながることだと認識して、避けなければなりません。また男が女性に覚せい剤を仕込む為に、コンドームに覚せい剤の水溶液を付けた上でセックスし、膣粘膜から覚せい剤を摂取させる方法があります(*14)。覚せい剤は絶対にいけません。

<引用・参考文献>
*1 『日刊ゲンダイ』2016年7月5日号(4日発行)「溝口敦の斬り込み時評<263>」
*2 同上
*3 同上
*4 『日刊ゲンダイ』2016年2月23日号(22日発行)「サラリーマンも溺れる覚せい剤①」
*5 『日刊ゲンダイ』2014年10月21日号(20日発行)「溝口敦の斬り込み時評<187>」
*6 『裏社会 噂の真相』(中野ジロー、2012年、彩図社), p205
*7 『日刊ゲンダイ』2016年2月16日号(15日発行)「溝口敦の斬り込み時評<245>」
*8 『日刊ゲンダイ』2014年10月21日号(20日発行)「溝口敦の斬り込み時評<187>」
*9 『裏社会 噂の真相』(中野ジロー、2012年、彩図社), p223
*10 同上
*11 『日刊ゲンダイ』2016年2月16日号(15日発行)「溝口敦の斬り込み時評<245>」
*12 『裏社会 噂の真相』(中野ジロー、2012年、彩図社), p207
*13 同上, p228
*14 『日刊ゲンダイ』2016年7月5日号(4日発行)「溝口敦の斬り込み時評<263>」

覚せい剤流通の仕組み

 ヤクザ組織の大きな収入源に、麻薬の一種・覚せい剤販売があります。多くのヤクザ組織は覚せい剤をはじめとした麻薬稼業及び使用を固く禁止しています。しかし麻薬禁止の効力が及んでいるのはヤクザ組織の1次、2次団体までです。下部の3次、4次団体は、覚せい剤販売で違法な収益をあげています。1次、2次の上部団体は、傘下に収める下部団体から上納金を徴収します。上部団体が、上納金の中身つまり稼業を細かく問うことはありません。結局、上部団体は「覚せい剤禁止」を謳いながらも、覚せい剤の収益を収めているのです。言い換えれば、上部団体が覚せい剤稼業を下部団体に「暗黙裡に委託させている」と言えます。ヤクザ組織において、「摘発の危険」は下部団体に流れていき、「違法収益」は上部団体に流れていきます。
*今回記事を作成するにあたり、『現代ヤクザのウラ知識』(溝口敦、1999年、宝島社文庫)、『初等ヤクザの犯罪学教室』(浅田次郎、1998年、幻冬舎アウトロー文庫)、『裏経済パクリの手口99』(日名子暁、1995年、かんき出版)、『日刊ゲンダイ』2014 年10月21日号(20日発行)の情報を参考にさせて頂きました。

 覚せい剤は化学物質から造られています。覚せい剤にも種類がありますが、日本で流通している覚せい剤はメタンフェタミンという化学物質です。日本社会とは「長い付き合い」があります。覚せい剤取締法が制定され違法薬物となる1951年まで、メタンフェタミンは薬局で販売されていました。実用的な面として、眠気を覚ます必要がある夜間労働者に使用されていました。現在も覚せい剤の需要が存在しています。違法薬物の為、覚せい剤は高額になりました。現在、眠気覚まし目的で、購入する人は少ないです。主な目的は、気分の高揚です。体に入れた瞬間寒気を感じます。覚せい剤が別名「冷たいの」と呼ばれる由縁です。寒気の後に、辛いことを忘れ、幸せな気分に浸れることができます。また覚せい剤使用は性的興奮を増幅させる機能があります。肌が敏感になり、通常時に何も感じなかった接触でも性的興奮につながるのです。しかし覚せい剤の副作用は甚大です。幻覚に悩まされ、精神・肉体は壊れます。中毒性の為習慣的服用になり、断つことは極めて難しいです。

 ヤクザ組織3次、4次団体が取り仕切る覚せい剤販売は、流通段階が分かれています。製造、元卸し、仲卸し、小卸し、売人の担い手が存在します。一般事業において、製造・販売まで一括に行う小売会社が注目を浴びています。一般事業の視点で見ると、覚せい剤販売も一括に行えば莫大な利幅を見込めると考えてしまいます。しかし覚せい剤販売は摘発リスクを伴います。1つのヤクザ組織が全てに従事すると、露見がしやすいです。担い手は多く存在していた方が、リスクを分散できます。覚せい剤は製造の際、強烈な臭いを発生します。摘発リスクが高い日本ではなく、東アジア諸国で製造されます。日本に密輸する方法として、昔は海上取引が主でした。海に囲まれる日本は、海からの侵入に脆弱性を持っています。東アジア諸国の地理的位置からも、船による運送が適していました。しかし近年は海岸警備が厳しくなったのか、航空機の一般乗客を装い手荷物や体に隠す形で密輸する方法が主要になっています。密輸の主な手段が、海を使う船ではなく、空を使う航空機に移行した為、製造元の場所はヨーロッパやアフリカが加わり多岐に渡っています。

 密輸された覚せい剤を引き取るのが、「元卸し」です。「元卸し」への取引価格は、1g約千円です。「元卸し」の担い手がヤクザ組織の3次、4次団体です。「元卸し」は、「仲卸し」に売っていきます。「仲卸し」の担い手もヤクザ組織の3次、4次団体です。つまり「元卸し」から「仲卸し」への取引は、ヤクザ組織間で実施されているのです。「仲卸し」への取引価格は、1g4~5千円です。「仲卸し」は「小卸し」に売っていきますが、直接一般人に売る場合もあります。一般人が購入する価格(末端小売価格)は、1g5万円~15万円です。例えば「仲卸し」は、1g5千円で仕入れ直接一般人に1g5万円で販売した場合、1g当たり4万5千円の儲けを得られます。売値は仕入れ値の10倍に設定されており、利幅が大きいです。背景に、違法薬物という存在、ヤクザ組織の独占取扱商品があります。

 少量で使用できるのが覚せい剤の特徴です。1g未満の量を「1パケ」という1包みにして、一般人に販売します。1パケの量は0.25g、0.3g、0.7g等、販売組織によって異なります。1パケにする際、覚せい剤に「混ぜ物」を加えます。販売する「覚せい剤」の量を増やす為です。例えば100gの覚せい剤を、0.25gの1パケに小分けすると、400パケになります。しかし100gの覚せい剤に20gの混ぜ物を加えた場合、480パケになります。混ぜ物として、塩や砂糖、市販調味料や胃腸薬が使われます。混ぜ物の混入は、ヤクザ組織間の取引段階でも、行われています。一般人の購入価格1g5万円~15万円と差が大きいのは、買い手によって値段を変えているからです。買い手が芸能人であれば、高い経済力はもちろん足元を見て、高い販売価格にします。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

Author:黒田太郎
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR