播州ラーメン

 「関西ラーメンコロシアム」で知ったのですが、甘い味が特徴の播州ラーメンはいつか食べてみたいです。どんな「甘さ」なんでしょうか。播州ラーメンは、「ご当地ラーメン」としてはまだ知名度が低いですが。その分、これから伸びていくかもしれませんね。皆さんも、有名じゃないけど、「推しのご当地ラーメン」ってありますか。日本も広いです。
スポンサーサイト

関西ラーメンコロシアム

 MBSラジオの「関西ラーメンコロシアム」のポッドキャストが面白いです!!関西の放送局なので、生放送で聞くのは無理なのですが。ポッドキャストでも番組が流されているので、関西以外でも聞くことができます。
 
 紹介される店は関西が多いのですが、聞いているだけで充分面白い番組です。ラーメンを紹介する番組ですが、視覚情報がないラジオというメディアの為、紹介者の言語情報のみで番組内容が構成されます。ゆえにラーメンの情報が実に細かく、また歴史的背景なども入っていて、ラーメンに非常に詳しくなれる番組です。

 ラジオというメディアの底力も感じる番組です。

悶々

 今日1日、やはり一晩だけのアルコールでは解消できず、モヤモヤと過ごしておりました。家にいても、悶々とするだけなので、求人情報を見にいく目的で学校に行ってきました。ただ求人情報はほとんど更新されておらず、ショック。う~ん、もうこの時期だと学校には求人情報出さないのでしょうか。

 せっかく学校に来たので、SLTA(標準失語症検査)の自主練習、嚥下訓練の内容の復習をしました。久しぶりに検査の練習や勉強の復習をしました。最近は、面接準備やもしもの引っ越しのこと(結局不合格だったので…なんだか恥ずかしい)ばかり考えていて、検査練習や勉強の復習していませんでしたから。

 でもこの前の面接でも言語聴覚士の知識を問う、いわゆる口頭試問がアウトだったので、やはりもう一度復習が必要です。この前クラスメートと話をしていたら、僕達が通っていた2年制の専門学校は、4年制の大学過程に比べれば、「知識が不十分なまま、現場にきた」という位置づけで業界内では見られているとのことです。ちなみに2年制の専門学校は、大卒者に限り入学できます。高卒者で言語聴覚士を目指す場合、3年制の専門学校か4年制の大学に行くことになります(なんだか「言語聴覚士を目指すブログ」っぽいぞ)。

 なので病院の現場のリハビリ職の人からすれば、2年制の学生に対しては常に「ちゃんと知識が入っているか」を確認しときたいはずです。よって勉強時間を増やしていきます。ただ勉強は、その世界に入っていけるので、少し現世の辛いことが忘れてよいですね。ただ時折、なぜか思い出して、辛くなる…(挫けるな俺)。

 明日は久しぶりに日雇い仕事をすることにしました。お金を少しでも得たいこともありますし、体を動かすことで悶々とした気持ちが薄くなっていくと思うので。

 しかしそればっかりでは前には進まないので、土曜日からは就職活動と勉強です。時には日雇いも入れていきますが。あと、そうそう。学校の専任の先生からは有難くも、「就職決まんなかったら。教員に相談して。紹介できるところがあれば紹介するし」と言って頂きました。

 ただ…そこが果たして自分の希望に近いところとは限らないでしょうし。また先生の紹介を受けても、採用が約束されるとは限りません。ただ使えるものは使っていくしかないので、とりあえず、紹介を利用するかどうかはともかく。土曜日学校に行って、先生に相談することにします。

面接試験、不合格でした

 先日採用面接を受けた病院から、今日手紙が届きました。採用結果、「不合格」でした。

 今回の面接は合否を気にせず、「簡潔に答えること」を課題設定して臨んだのですが。やはりショックです。今回、僕含めた受験者が少数であったことから、ひょっとして全員採用してもらえるのでは…という思いがありました。リハビリ職員が多数いる回復期の病院だったので、新人を複数とってもらえる背景があったのです。

 あとこの3月の時期だけに、就職先が決まらない学生の立場を汲んでもらい、採用してもらえるのではという勝手な期待がありました。面接では、できなかったところがあったものの、結論から先に述べることを徹底した結果、簡潔に話すことができました。スムーズに面接が流れていく感じもありました。

 先日の採用面接が終わってから、今日の今まで悠長に構えていたのが実際のところです。そこにもし決まったら、引っ越しの可能性があったので、引っ越しのことなども色々考えていたところでした。

 でも完全に油断して、滑った形ですよね。そもそも病院も稼がないといけない主体である以上、不必要に人材を抱えません。よって同情などの気持ちを持って、採用活動することはありません。甘い期待をしていた僕が情けない話です。

 あと面接も、専門知識を問われる質問で間違いをしたり、的外れな返し方をしたことがいくつかありました。初見の面接官にとっては、ささいな間違いも、気になるものです。不合格の結果を受けた今、「あそこは落ち着いて正確に答えるべきだった」という反省が強くなっています。

 この時期なので、引っ越しの可能性があることもネックだったのかもしれません。あとライバルの受験者の方が優れていたこともあったかもしれませんが、そこを気にしては自己の精進にならないので、それは忘れることにします。

 ともかく明日から、また就職活動再開です。面接対策もしていきます。面接での簡潔な話し方は日々続けていきます。あと志望動機などの面接で聞かれる内容も、深くできるところは深くしていこうと思います。内容を濃くするといいますか。とはいえ、長くならないように注意すると。

 ただ懸念するのは新年度がもうすぐ始まるこの時期に、経験者ではなく新卒の求人がどれだけあるかということです。それに4月になれば、既卒扱いになってしまいます。どこの施設も4月に新卒研修が行われるので(大きいグループではホテルに閉じ込めてやるらしいです)、できれば僕はそういう研修を受けときたいタイプです。不器用な方なので。ただ現実はこの時期のため、厳しいです。

 来週3月28日に、2月に受けた資格試験の合格発表があります。この資格試験で不合格だった方は、言語聴覚士としての採用は取り消しになります。内定を得ていても不合格になる人がいつも一定数いるので、その追加採用が4月初旬にあります。それを狙っていくのも手かなと考えています。とはいえ、内定者が全員合格の施設は、追加採用する必要はないので、これも楽観視できるものではありません。

 僕と同様に、2月の資格試験後に就職活動したクラスメートは続々と就職先決まっていて、正直羨ましい思いがありますが。人は人、自分は自分です。逆境の時こそ、自分が試されると思いますので、一生懸命やっていきたいと思います。日々、活動量を増やして、精進していきます。

 ともかく、今日の夜は、安く深く酔える缶チューハイ500ml飲んで寝たいと思います。

新たな展開?

 今日、週刊アサヒ芸能(3.30特大号)を買ってみて、ふと気づいたことがありました。3月15日の神戸山口組の執行部会を巡る記事に、副組長の入江禎(宅見組組長)の文字及び写真がなかったことです。ただトップの井上邦雄組長の文字及び写真もなかったことから、若頭以下で行われた会だった可能性もあります。

 最新の週刊実話(3月30日号)を見てみると、3月8日の神戸山口組の定例会の記事でも、入江禎副組長の文字及び写真がありませんでした。しかしタイトルには「全直系組長が出席」という文字もあり、入江禎副組長が出席していた可能性は残っています。

 少ない証拠をもとにたてた仮説に過ぎないですが、ひょっとして入江禎副組長は、最近表の部会には出席していないのではと勘ぐってしまいます。

 会員制雑誌『選択』2016年5月号では、2016年のその時期に入江禎副組長が潜伏し、警察も行方が分からなくなっており、隠密に他団体と交渉している可能性が、伝えられています。

 定例会などの表の部会に出れば、当然足がつき、つまり定例会後警察当局の尾行がつきやすくなります。尾行を確実に避けるには、定例会などの表の部会にそもそも出席しないことです。

 もし入江禎副組長が表の部会に最近出席していなければ、それは神戸山口組の特命大使として何か隠密の交渉を他団体としている可能性があるのではないでしょうか。入江禎副組長が交渉するレベルですから、内容は非常に大きいものでしょう。

 何か新しい動きが起こる予感がします。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

Author:黒田太郎
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR